私は今年、車を買い換えました。
今まで乗っていた車はかなり燃費が悪かったので、最近主流のエコカーに乗り換えた方がガソリン代も特になりそうだし走りが快適になると思い、古い車は手放して買取をしてもらうことにしました。
車買取をするにあたっては、ディーラーで下取りをしてもらうことも考えました。

 

下取りをしてもらう方法は手間もかからず非常に手軽ですが、思っていたよりも遥かに評価が低く、五年しか乗っていないのに10万円強しか値段が付かなかったのでショックを受けました。
そこで、もっと高い値段で買い取ってもらえそうな業者を探そうと思い、私は車査定をすることにしました。
中古車の査定はなるべくたくさんのお店で見てもらった方が、高値を付けてくれる業者と出会いやすくなるのでおすすめです。

 

ただ、たくさんの業者を出向いて査定してもらうことは忙しい人や近所に中古車買取店が無い人にとっては非常に面倒な行動です。
そこで、私が利用したのが一括査定サービスです。

 

車査定といえば面倒なイメージがあって正直適当に決めてしまいたくなることが多いですが、インターネットでの一括査定サイトを利用したところ、年式やメーカーや車種や走行距離などの情報を伝えただけですぐに業者から査定額を伝えてもらえたので、一番高くて良い査定をしてもらった業者も一目で素人の私が見抜くことが出来ました。

 

最初ディーラーで下取り査定をしてもらった時に比べると、倍近い金額で買い取ってもらえることになったので車査定をして本当に良かったなと感じました。
それと同時に、全く同じ状態の車であっても売る場所が変われば10万円ほど損をしてしまうことも平気であるのだと思いました。

 

車買取をしてもらう時には、適当に妥協せずに、少しくらい業者選びや業者とのやりとりの手間をかけても良いので、慎重に売る場所を選んだ方が得をすると実感しました。
今度からも車を売る時は、ディーラでの下取りだけで判断せずに、中古車買取業者やネットの一括査定サイトを活用したいと思います。